出会い系居酒屋として大人気『相席屋』に潜入!実態は出会い喫茶!?

この記事は2分で読めます

◎仮想通貨の教科書を<無料>でGET!

google Sponsored Link
aiseki6

大手外食チェーンの中で、
”出会い(カップリング)”を売りにして
話題の居酒屋が相席屋

2014年3月、
東京・赤羽に1号店をオープンして以来
右肩上がりに売り上げや店舗数を伸ばし
2016年3月には75店舗を突破!
今年中に全国47都道府県での展開と累計100店舗を目指している。

「相席屋」の運営会社は、
飲食店の運営や企画、コンサルティングを手掛けているセクションエイト
あのセクシー居酒屋「はなこ」を運営していた会社だ。
  
7月のとある平日
まだ明るい18時頃に<潜入>してみた
  
aiseki3

「相席屋」のコンセプトは、
初対面のお客同士が同じテーブルに相席することで、
新しい発見や出会いを楽しむということを謳っているが、
はっきり言ってしまえば、
<ナンパを仲介する居酒屋>といっていいだろう。
ひと昔前に主に風俗街にみられた
出会い喫茶(カフェ)を健全にしたようなもの

又、
出会いを目的として
数年前に大流行した「街コン」は今や下火になり、
その受け皿としてうまくはまったのだろう。

aiseki4

ということで、
同性同士2人以上での入店がルール

料金体系も前記の出会い喫茶(カフェ)そのもので
性は平日30分食べ飲み放題で1500(税別)、
性は食べ飲み放題が無料(一部有料の食べ物もあり)

男性は、
2時間6000円
二人で6000円と考えれば良心的といえよう

男性がご馳走する感覚!?

食べ放題はビュッフェスタイル、
飲み放題のドリンクもお客自ら作るシステム

席は半個室のように仕切りがあるので
他の人の視線を気にする必要がない空間を演出
できるだけ長居させるアイテムとして
場を盛り上げるゲーム(カード等)なんかも用意されていた

気になっていた客層(女性)は、
新宿という土地柄か学生みたいな若い娘からOLまで多種多様
出会い喫茶(カフェ)に出入りするような層とは一線を画していた。

aiseki5

男性の客層はサラリーマンと学生風が半々くらい!?
明らかに年配(40~50代)のお客さんも…

これは店舗の場所によっておそらく違ってくるのだろう

又、
相席した相手が気に入らなかった場合は気まずくなるのでは?
といった心配もあったが、
店のスタッフが相手の要望を聞いてカップリングしてくれたのは好感だったし、
仮に合わない相手の場合は「席替え希望カード」というものがあるそうだ。
お互いに気まずいことにはかわりないが…

その他サービスもいろいろあって
相席相手と気軽に連絡先交換ができる相席屋専用アプリがあったり、
  
企画ものでは、
婚活パーティーの他
昼間の空き時間を活用した
就活中の学生と企業をマッチングする「相席就活」イベント

aiseki2

今年5月には、
相席屋の良縁による少子高齢化の是正計画が東京都の経営革新計画に承認され
今年7月からは、
マッチングをキーワードに
「SOWELUTE(ソエルテ)」という結婚相談所の事業もスタート!
一般的な結婚相談所では約30~40万円の費用がかかるが、
「SOWELUTE(ソエルテ)」は入会金や月会費などがない<0円婚活>を実現して
婚活業界に一石を投じた

「相席屋」の巧妙なビジネス展開が天下を取る日は近い!?

google Sponsored Link

関連記事

  1. doctorx2
  2. akb484
  3. fm0

■動画集


楽天銀行
カンファレンスバナー

◎info-zeroで稼ぐ方法 
◎無料情報 
◎おすすめ倶楽部  _

SMAP情報

  1. akb484
  2. aiseki6
  3. doctorx2
  4. fm0