地震予測が的確な東大名誉教授・村井俊治氏の測量工学的アプローチとは!?

この記事は2分で読めます

「残高不足!」と思ったら<F5>ボタン!

google Sponsored Link
jisin2
現在「地震予測」で最も信頼できるのは誰!?
2013年に起きた震度5以上の地震全て(10回)について 前兆現象があったことを確認できているという 東大名誉教授の村井俊治氏は、 地震学会からも距離を置く門外漢の学者 地震学者たちが沈黙する一方、 村井氏はなぜここまで的確な地震予測を可能にしたのか? その村井氏の「地震予測」の手法とは… それは専門分野の測量学を応用した独自の予測法 村井俊治氏は、 1992年から1996年まで国際写真測量 リモートセンシング学会会長を務めた「測量学の世界的権威」 その村井俊治氏が予測に使用しているのは、 国土地理院がGPSデータを測定するために設置している 全国約1300あるGPSの電子基準点のデータ この基準点から送信される位置情報から 「地殻の微少な変動」を分析 過去の地震前に起きていた変動パターンと比較し、 地震前の「前兆現象」を捉えた場合に警鐘を鳴らす。 村井俊治氏はこの手法で、 次々と地震予測を的中させている。 jisin4 村井俊治氏は、 民間会社JESEA(地震科学探査機構)の顧問として、 メルマガ週刊MEGA地震予測を発行している。 2014年5月13日午前8時35分頃、 関東地方を大きな揺れが襲った。 埼玉県南部・神奈川県東部で震度4、都心部でも震度3を記録。 5月5日早朝5時18分に起こった震度5弱(東京・千代田区)から わずか8日後だけに人々の緊張感は高まったが、 この地震が発生する可能性を 5月7日の段階で指摘していたのが村井俊治氏。 5月5日の地震も含めて メルマガで3週にわたり予測していたのだ。 7日発行のメルマガでは以下のように言及している。 『5月5日午前5時18分に東京23区をはじめとする首都圏で最大震度5弱、 M6.0(震源の深さ160㎞:非常に深い)の地震がありました。 震源は伊豆大島近海です。 MEGA地震予測では3月26日号に掲載した日本列島累積歪マップにて 首都圏でかなり歪が貯まってきたことをお知らせしました。 更に4月9日号で「首都圏は要注意」、 4月16日号で「首都圏の隆起に要注視」、 4月23日号で「首都圏は要注視」を呼びかけていました。 累積歪の大きさから判断すると 引き続き注意をしておいたほうがいいでしょう』と この夏も メルマガ「週刊MEGA地震予測」の中で 『東北・関東の太平洋岸では隆起が非常に貯まっており、 いつ地震が起きてもおかしくない』と警告 更に、 『函館周辺は要注意』 『青森県北部は要注視』と繰り返し呼びかけていた。 すると、 7月5日に岩手県沖(震度5弱)、 7月8日に北海道南部の石狩地方(震度5弱)で地震が発生、 8月10日には青森県東方沖(震度5弱)でも地震が発生した。 究めつけは、 9月3日午後4時に配信されたメルマガの予測。 栃木県を今年初めて「要警戒」と指摘すると… その直後の午後4時24分頃、 栃木県北部(日光市)で最大震度5弱の地震が発生した。
火山噴火は地震より簡単に予測できる!?
村井氏によると、 発生場所がわかっている火山噴火についても… その付近の電子基準点の隆起、沈降、 週間変動を調べると割合容易にわかるという。 ↓桜島の例↓ jisin3 村井俊治氏は決して成果を誇らず、 「私の予測法は場所、規模、日時を まだ正確に提示できるような段階にはありません」と 今後の課題を謙虚に語る。 日本の地震学の最高峰とされる東大地震研究所は、 2012年1月に 「M7級の首都直下型地震が4年以内に70%の確率で起こる」 と発表後に「50%以下」と撤回し、 世間を混乱させた程度の精度と自信度 それに比べれば、 信頼できるのはどちらかは言うまでも無い。
google Sponsored Link

関連記事

  1. 2020o
  2. jisin19
  3. tv3
  4. jisin11
  5. jisin02
  6. supermoon

■動画集

楽天銀行
カンファレンスバナー

◎info-zeroで稼ぐ方法 
◎無料情報 
◎おすすめ倶楽部  _

SMAP情報

  1. jisin19
  2. supermoon
  3. jisin13
  4. jisin11
  5. jisin02
  6. jisin2
  7. 2020o
  8. tv3