相撲が秋の俳句季語!?その由来とは?

この記事は1分で読めます

◎仮想通貨の教科書を<無料>でGET!

google Sponsored Link

現在、
1年中行われている相撲の興行
俳句の季語としても相撲力士があるが
その季節はだという…

その歴史を紐解くとその由来が明確になる
   
相撲の起源は非常に古く
古墳時代からその描写がされていたという
『古事記』に初めて”力士(ちからひと)”という文字が出て、
『日本書紀』に初めて”相撲”という文字が出現している

その後、
”相撲”が最初に記録されたのが、
天平6年(西暦734年)7月7日に
聖武天皇(724-749)が相撲戯を観覧したことを記した
『続日本紀』

これを機に、
奈良・平安時代の陰暦7月に
宮中で豊作を願い諸国の力士を集めて力比べをする
相撲の節会(すまひのせちえ)が行われていた。
天皇が出御した行事を節会と称していた

このことから、
陰暦月(現在の凡そ8月)、
すなわちの季語となったと言われている

平安後期になると、
相撲節会は徐々に衰微して行き、
承安4年(西暦1174年)以降は行われなくなり、
宮廷行事としての相撲大会は終結した

google Sponsored Link

関連記事

google Sponsored Link

SMAP情報


楽天銀行
カンファレンスバナー

◎info-zeroで稼ぐ方法 
◎無料情報 
◎おすすめ倶楽部  _

人情PPCの極意
仮想通貨の教科書