仮想通貨にLINE(ライン)参入!仮想通貨決済の盟主へ!?

この記事は1分で読めます

◎仮想通貨の教科書を<無料>でGET!

google Sponsored Link

遂にSNSのトップ
大手IT企業のLINE(ライン)が、
仮想通貨事業へ参入へ!

ブロックチェーン技術を生かした
新サービスを提供する子会社
Unblock(アンブロック)』を発表!

目的は、
ブロックチェーン技術と
LINEのサービスを合体させたサービスの開発及び提供

LINE(ライン)は、
韓国でブロックチェーン技術を活かした広告業を展開する
ベンチャー企業『AD4th』の創設者を代表に迎えて、
仮想通貨業界への大量の人材登用や資産運用を試み、
仮想通貨取引を行う金融子会社
『LINEフィナンシャル』を立ち上げている

モバイル決済サービス
LINE payの登録ユーザーは4000万
全世界での年間取引高が4500億円超のモンスター企業

現在、
世界中で話題性や認知度が急上昇し、
世界中の大手企業が続々と参入している
競争の激しい仮想通貨業界に本格参入する意図は?

2018年に入り、
仮想通貨の暴落、流出問題等悪いニュースが相次ぐ中、
LINE(ライン)の本格参入は
業界の信用回復<上昇>への足掛かりとなるのか?

line1
 
LINE(ライン)は、
かなりの勝算があってこその参入であろう

それは…

日本国内のLINEサービス普及率は驚異9割超
(SNSの中での国内シェアは断トツ1位)
そのサービスの一環として、
仮想通貨を取り入れる事で
多くの日本人に仮想通貨サービスを提供する事が出来る

仮想通貨は多種多様の使い方があり、
投資に使うだけではなく
お金の代わり使える電子マネーのような使い方もあり、
この多様性とLINEのサービスが合体すれば、
かなりの利益を継続して出す事が可能となる

といった皮算用だろう

だとすれば、
LINE(ライン)が仮想通貨業界の盟主となる日が
近い将来にやってくる!?

line2

それに先駆け7月18日、
シンガポールのグループ子会社
「LINEテックプラス」が運営する
仮想通貨取引所
「BITBOX(ビットボックス)」が、
16日からサービスをスタート!
但し、
仮想通貨に関する規制を考慮し、
日米両国向けには取引を提供していない
  
LINE(ライン)の参入によって
これからの仮想通貨業界から目が離せませんネ

google Sponsored Link

関連記事

google Sponsored Link

SMAP情報


楽天銀行
カンファレンスバナー

◎info-zeroで稼ぐ方法 
◎無料情報 
◎おすすめ倶楽部  _

人情PPCの極意
仮想通貨の教科書