西城秀樹逝去~5人SMAP等との共演を懐かしむ

この記事は2分で読めます

◎仮想通貨の教科書を<無料>でGET!

google Sponsored Link

またひとり昭和のスターが逝った

1970年代に
郷ひろみ、野口五郎と「新御三家」として
一世を風靡した歌手の
西城秀樹(本名:木本龍雄)さんが
2018年5月16日、
急性心不全のため死去した
<享年63歳>

 
丁度、
大谷翔平が出場してる試合をNHKで見ていたら
7回終了時のインターバルに『YMCA』が流れていて
外国の人が『ヤングマン』の振り付けで踊っていた

その少し後、
画面にテロップ(速報)が流れた…

子供の頃に好きだった西城秀樹

大病を乗り越えてリハビリする様子を伝えられていたので
まさかの訃報だった

そういえば、
研ナオコが客席で観戦している様子も紹介されていたが、
西城秀樹とよくコントをしていた記憶がある

『ヤングマン』が大ヒット&大ブームになったにもかかわらず、
外国の原曲だからという理由で
日本レコード大賞にノミネートできなかったことを
ふと思い出したり…

YouTubeを見て
当時のヒット曲の数々を懐かしんだり…

特に、
『夜のヒットスタジオ』のオープニング映像では、
ピンクレディー、松田聖子、中森明菜、八代亜紀、桜田淳子、
太田裕美、庄野真代、柏原芳恵、石野真子、高田みずえ、河合奈保子
田原俊彦、五木ひろし、細川たかし、世良公則、吉川晃司、渥美二郎らが
秀樹を囲んで一緒に踊って歌う様子を懐かしんだ

又、
森君がいた若き日の5人SMAPとも
スマスマの歌のコーナーで共演していたのを発見

SMAP(特に中居)は、
笑っちゃうレベルの酷い歌唱だったが、
後に国民的大スターになるとは…
この時(単なるアイドル)はとても想像できない

人はいつか死ぬとはいえ、
こう続々と思い入れのある人達が逝ってしまうと
いろいろと怖い気持ちが湧いてくる
    
西城秀樹シングル売り上げTOP10
1位 YOUNG MAN(Y.M.C.A)
   1979年2月発売/80.8万枚(最高1位)
2位 激しい恋
   1974年5月発売/58.4万枚(最高2位)
3位 ちぎれた愛
   1973年9月発売/47.5万枚(最高1位)
4位 ホップ・ステップ・ジャンプ
   1979年5月発売/36.9万枚(最高2位)
5位 愛の十字架
   1973年12月発売/35.2万枚(最高1位)
6位 恋の暴走
   1975年5月発売/34.1万枚(最高3位)
7位 傷だらけのローラ
   1974年8月発売/34.0万枚(最高2位)
8位 君よ抱かれて熱くなれ
   1976年2月発売/33.6万枚(最高3位)
9位 薔薇の鎖
   1974年2月発売/33.4万枚(最高3位)
10位 勇気があれば
   1979年9月発売/30.8万枚(最高3位)
以下
11位 ブルースカイブルー(29.3万枚)
12位 この愛のときめき(27.7万枚)
13位 悲しき友情(27.4万枚)
13位 涙と友情(27.4万枚)
15位 眠れぬ夜(27.1万枚)
16位 炎(25.7万枚)
17位 情熱の嵐(24.6万枚)
18位 愛の園(23.8万枚)
19位 ジャガー(23.7万枚)
20位 若き獅子たち(23万枚)
21位 南十字星(22.9万枚)
22位 ラスト・シーン(22.6万枚)
22位 白い教会(22.6万枚)
24位 ブーツをぬいで朝食を(21.7万枚)
25位 あなたと愛のために(21.4万枚)

google Sponsored Link

関連記事

SMAP情報


仮想通貨の教科書
キーワード無双