ジャイアント馬場没20年追善興行『王者の魂』にアントニオ猪木登場!

この記事は2分で読めます

google Sponsored Link

2019年2月19日(火)
東京・両国国技館にて
ジャイアント馬場没20年追善興行
王者の魂が開催される

追善興行実行委員会には
ジャイアント馬場の良き理解者だった
坂口征二(新日本 相談役)が名を連ね
新日本プロレス、
全日本プロレス、
プロレスリング・ノアをはじめ
日本のほぼ全団体のレスラーが揃い踏みする
オールスター戦の様相

メインイベントでは、
前IWGPヘビー級王者
棚橋弘至(新日本プロレス)と
三冠ヘビー級王者
宮原健斗(全日本プロレス)が
タッグ戦ながら初対峙する

ゲストも超豪華
新間寿
スタン・ハンセン
ドリー・ファンクJr
初代タイガーマスク佐山聡
武藤敬司
川田利明
田上明
小橋建太

そして、
大会を後援する東京スポーツ新聞には、
ジャイアント馬場”永遠のライバル”
アントニオ猪木(参議院議員)が、
初めて馬場追悼の場に姿を見せるという
スクープ記事が…

ちなみに、
ジャイアント馬場と
アントニオ猪木が同時にリングに立ったのは、
1979年8月26日に日本武道館で開催された
伝説の「夢のオールスター戦」が最後



又、
「夢のオールスター戦」で
馬場&猪木と戦った
アブドーラ・ザ・ブッチャー
引退セレモニーも同日に行われる

メインイベント 
タッグマッチ
棚橋弘至(新日本プロレス)
ヨシタツ(フリー)
VS
宮原健斗(全日本プロレス)
関本大介(大日本プロレス)

セミファイナル
タッグマッチ
ミル・マスカラス
ドス・カラス
VS
カズ・ハヤシ(W-1)
NOSAWA論外(東京愚連隊)

第7試合
6人タッグマッチ
秋山準(全日本プロレス)
大森隆男(全日本プロレス)
太陽ケア(フリー)
VS
小島聡(新日本プロレス)
永田裕志(新日本プロレス)
西村修(フリー)

第6試合
タッグマッチ
丸藤正道(プロレスリング・ノア)
新崎人生(みちのくプロレス)
VS
望月成晃(DRAGON GATE)
シュン・スカイウォーカー(DRAGON GATE)

第5試合
3WAYタッグマッチ
SANADA (新日本プロレスL・I・J)
BUSHI(新日本プロレスL・I・J)
VS
ジェイク・リー
岩本煌史(全日本プロレスSweeper)
VS
海野翔太(新日本プロレス)
吉田綾斗(KAIENTAI DOJO)

第4試合
6人タッグマッチ
渕正信(全日本プロレス)
藤原喜明(藤原組)
青柳優馬(全日本プロレス)
VS
タイチ(鈴木軍)
金丸義信(鈴木軍)
TAKAみちのく(鈴木軍)

■アブドーラ・ザ・ブッチャー
引退セレモニー

第3試合
ストリートファイト
トルネードバンクハウス
8人タッグデスマッチ
大仁田厚(はぐれ邪道軍)
ケンドー・カシン(はぐれ邪道軍)
鈴木秀樹(はぐれ邪道軍)
保坂秀樹(はぐれ邪道軍)
VS
グレート小鹿(大日本プロレス)
長井満也
石川修司(全日本プロレス)
佐藤光留(パンクラスMISSION Evolution)

第2試合
8人タッグマッチ
本間朋晃(新日本プロレス)
岡林裕二(大日本プロレス)
野村直矢(全日本プロレス)
成田蓮(新日本プロレス)
VS
宮本和志(超硬派武闘集団和志組)
橋本友彦(プロレスリングA-TEAM)
橋本大地(大日本プロレス)
野村卓矢(大日本プロレス)

■第1試合
ジャイアント馬場
メモリアルバトルロイヤル
[出場レスラー]
キム・ドク
百田光雄
ジョー・ディートン
菊地毅
垣原賢人
井上雅央
MEN’Sテイオー
本田多聞
相島勇人
TARU
土方隆司
ヤス・ウラノ
(レフェリー:マイティ井上)

google Sponsored Link

関連記事


アフィリエイターの為の確定申告
仮想通貨の教科書

【最新】無料オファー

SMAP情報