世界野球プレミア12から東京オリンピックへ!スター不在否めず

この記事は1分で読めます

2019年
日本シリーズが終わっても
今年は野球は続く
4年に1度の国際大会
第2回「プレミア12」
(WBSCプレミア12)

とはいえ、
野球ファンにも
浸透しているとはいいがたい大会

日本が創設から連覇した
「WBC」
(ワールドベースボールクラシック)」が、
定着しつつある中、
2015年に創設された際も
存在意義を問われたが…



MLB及び
MLB選手会が主催する「WBC」に対して、
「プレミア12」は、
世界野球ソフトボール連盟(WBSC)主催

当然、
「WBC」の様に
バリバリのメジャーリーガーの参加もなく、
メジャーリーグより下のレベルでは、
盛り上がりようもないのだが…

日本代表も
日本人メジャーリーガーは勿論
主力投手陣の
千賀滉大、松井裕樹と
辞退が相次いだ

日本のオープニングラウンド
初戦(台湾開催)となった
ベネズエラ戦の平均視聴率は、
11.1
(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

日本シリーズ
『ソフトバンクVS巨人』でも
10%超えは4戦中1戦のみだっただけに
最低ラインはキープした!?

負けたら
日本で行われるスーパーラウンドで
<日本不在>という最悪の事態に
なるところだっただけに
ファンは勿論、
関係者にとっても
緊張感のある試合にはなった

ちなみに

前回大会では、
準決勝の「日本VS韓国」で
25.2%の高視聴率を記録している


又、
今回の「プレミア12」は、
東京オリンピックの予選を兼ねている

日本を除く、
アジア・オセアニア最上位国と
北中南米最上位国の2ヶ国に
東京オリンピック出場権が与えられる

東京オリンピック<野球>は、
少ない出場枠(6ヶ国)だけに
日本以外の国にとっては
かなり力の入る大会になる

2020東京オリンピックに伴うプロ野球開催
東京オリンピック<野球>出場国

開催国         :日本
アフリカ/欧州予選   :イスラエル
プレミア12 (2019/11) :2枠
アメリカ予選(2020/3) :1枠
最終予選  (2020/4-5):1枠

■WBSC世界野球ランキング

google Sponsored Link

関連記事





【最新】無料オファー

SMAP情報