TVタックルで地震予知議論…『串田法』に光明をみた!

この記事は1分で読めます

◎仮想通貨の教科書を<無料>でGET!

google Sponsored Link

7月21日放送の
「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日)で
地震予知を研究する人と、
地震予知は不可能とする識者の議論が面白かった。

地震予知派として、
2011年の東日本大震災を4年前から予知していたという
琉球大学の木村政昭名誉教授が出演。
現在から2017年までに伊豆諸島を震源とした
(東日本大震災にほぼ匹敵する)
マグネチュード9クラスの巨大地震の発生を警告した。
被害としては、
太平洋側の広範囲での巨大な津波によるものとした。

木村氏の地震予知理論(方法)は、
巨大地震が起きていない”空白域”に注目し、
その”空白域”で小地震が頻発している場所を「地震の目」とし、
その目の近くで巨大地震が起こるというもの

地震予知派のもう1名が、
FM波で地震観測を続けている串田嘉男氏

2012/12/29に琵琶湖周辺を中心とした近畿地方で
M7クラスの巨大地震が起こる可能性があるという記事が
フライデー誌に掲載されて話題になった人

jisin1

串田氏が予測する次の大地震は、
前記の琵琶湖を中心とした近畿地方を震源とした
マグネチュード7.8±0.3クラスとした。
この地域は2008年からFM波が乱れていて、
時期は一番早い場合だと今年の11月8日±1~2日と明言した。

これらの予言に対して、
地震予知は不可能とする反対派として出演していた
東京大学教授のロバート・ゲラー氏や
淑徳大学客員教授の横山裕道氏が猛反論、
完全にオカルト扱いした。

「レフリー付きの学会に研究論文を発表して」と、
権威の側から真っ向否定したが、

ビートたけしは
「レフリーがまたねえ~
STAP細胞のことを考えると、
レフリーがどれだけの実力を持っているんだということもあるし」と、
権威側の信ぴょう性にも疑問を呈した。

それにしても
地震は<予知できない>とする識者2名にはあきれた。

事前に時間・場所等を100%予知できなくては、
後出しの”こじつけ”だと決めつけていたが…

過去の歴史から
<予兆>があるのは確かだし、
それを真摯に研究している人を馬鹿にする様な発言、
地震予知をはなから諦めている態度には閉口

google Sponsored Link

関連記事

【最新】無料オファー

SMAP情報


報酬20倍キャンペーン
仮想通貨の教科書
キーワード無双
レバリエイト2018