プロ野球にコリジョン導入で審判の技量不足が露呈

この記事は1分で読めます

◎仮想通貨の教科書を<無料>でGET!

google Sponsored Link

 5/11「阪神VS巨人」コリジョン適用でアウトがセーフヘ

   
最近は毎日のように審判のジャッジでもめている感…

今年から
ホーム上のタッチプレイに対して
選手の安全を確保するために導入された
コリジョン(衝突)ルールがその元凶なのは明らか

コリジョン適用か否かの確認のはずが、
コリジョン適用でなくても
既に審判が下した
アウトセーフの判定が覆ることもしばしば

審判はもちろん
選手も明確な基準が理解できていないようだ。

1年は試験期間をおくべきだったように思うが…

korijyon2


コリジョンの是非はさておき

セパ交流戦を見ていて感じたのは、
審判の判定がメチャクチャな点(特にパリーグの審判)

見ている範囲だけでも
”ありえない”草野球レベルの判定がいくつもあった。
技術不足というより故意!?

6/19の「中日VS日ハム」は特に酷かった

日ハムの選手が内野ゴロ一塁”楽々”アウト!がセーフ!
中日の選手が内野ゴロ一塁”完全”にセーフ!がアウト!

これには、
おとなしいナゴヤドームの中日ファンからも
『セーフ』コールが起きたほど

当然、
中日サイドからは「審判で負けた」との記事も出た

調べてみると、
パリーグ審判部の中村氏は日ハム出身で
パリーグの試合でも日ハムびいきが目にあまるとの噂

「やっぱりそうだったか」と妙に納得

あの判定は、
到底”技術不足”で済むレベルではなかった。

korijyon4

はっきりいって、
審判が野球(の勝敗)の流れを作り出すのは簡単

アウト・セーフの微妙な誤審は、
故意でなければある程度は運が悪かったで済むが、
ボール・ストライクの判定は厄介

投手側は、
ストライクをボールにされたら
四球を出すか甘いストライクを打たれ追い込まれる
 
打者側にしたら、
ボールをストライクにされたら
ボール球を振って凡打といった具合に

巨人戦しか全国放送がなかった頃の巨人びいきは酷かったが…

google Sponsored Link

関連記事

google Sponsored Link

SMAP情報


楽天銀行
カンファレンスバナー

◎info-zeroで稼ぐ方法 
◎無料情報 
◎おすすめ倶楽部  _

人情PPCの極意
仮想通貨の教科書