SMAP解散分裂騒動の真実(真相)~木村拓哉の裏切りでSMAP消滅へ

この記事は3分で読めます

◎仮想通貨の教科書を<無料>でGET!

google Sponsored Link

今回のSMAP解散・分裂騒動

当初は、
飯島三智マネージャーが企てた独立クーデターに
木村拓哉を除く中居正広ら4人が追随して起きた騒動
と報道されていたが…

全ては、
飯島三智マネージャーを敵視する
ジャニーズ事務所・メリー副社長の情報操作だったことは
周知の事実

それまでの経緯もわかっている

昨年1月、
メリー氏が「週刊文春」のインタビューに応じた際、
飯島氏を呼びつけ「SMAPを連れて出て行け」と面罵したことが始まり
smap20
これによって、
飯島氏が独立を考えざるをえなくなり会社側と正式に交渉
  
昨年8月の時点では、
ジャニーズ事務所側も納得の上、
飯島氏と共に5人揃って”円満独立”することで話しは進んでいた。
移籍先も大手のケイダッシュ(バーニング系列)と決まっており、
権利関係の配分など弁護士を立てて細かい条件を詰めていた。
  
又、
”SMAP”というグループ名についても、
独立したらジャニーズの許可がなければ使えないのに、
中居ら独立組はそんなこともわかっていなかったなどと
<独立=悪者>の図式で報じられていたと思うが…
  
よくよく考えれば、
SMAPの名を使えなければ独立する意味はなく、
これに関しても
当然使えるようにするということで話はついていた。

木村拓哉は、
最初から一貫して<ジャニーズ残留>でブレていないなどと
ヒーロー扱いされていたが、
この時点では木村拓哉関連作品の権利配分についても
当然のことながら話し合いがなされていた。

そもそも、
今回の独立劇は当初報道されていたような
飯島氏が<密かに独立を画策した>というような話ではなかったのだ。

 smap16

それでは<なぜ>このような事態に陥ってしまったのか?

元凶は、
12月になってジャニーズ事務所残留を言い出した木村拓哉
(確信犯だった可能性があるこの経緯については後述)

”5人揃って”円満独立で進んでいた話しが、
1人の裏切りによって土壇場で崩壊へ

残された飯島氏と中居以下4人も行き場を失ってしまった
というのが真実

そして、
工藤静香をうまく使って
木村拓哉を引き込んだ(丸め込んだ?)
ジャニーズ・メリー副社長は一気呵成に、
「独立画策組を絶対に許さない!」とばかり
<キムタク(木村拓哉)=ヒーロー>に対して、
<独立組=悪者>という図式を
新聞・TVなど各メディアを使って情報操作したのだ。

しかし、
木村拓哉(キムタク)、
ジャニーズ・メリー副社長側に誤算が生じた

ひと昔前ならこれで一件落着していたはずだが…

現在はネット社会全盛
SNSを中心にファンのみならず世間を巻き込み、
国民的アイドルグループに何があったのか?と
大騒動へ

ジャニーズと利害関係のない雑誌を中心に
真実・真相があぶりだされると
騒動の元凶はジャニーズ事務所のメリー副社長で、
<キムタク=裏切り者>という図式が
一気にネット(SNS)で拡散

木村拓哉以外のメンバーを心配・応援する声と共に
木村拓哉(キムタク)と
メリー喜多川副社長(娘ジュリー)に対しては、
大バッシングの嵐

<ジャニーズ事務所=ブラック(企業)>
<裏切り者の木村拓哉(キムタク)はゴミタク>と揶揄する者まで

SMAP解散・分裂を心配する声は、
世界各国をはじめ政財界やスポンサーサイドをも巻き込むムーブとなり、
このまま分裂したらジャニーズ事務所のイメージも、
キムタクのイメージも最悪になるとみたメリー副社長側は一旦矛を収めた。

こうして、
SMAP解散騒動はとりあえず最悪の事態だけは回避された。

smap15

ここで話しを戻して

SMAPを解散に追い込もうとした張本人<裏切り者>
木村拓哉(キムタク)はなぜメリー副社長側に寝返ったのか?

これについては、
影で操っていた黒幕は妻の工藤静香

飯島マネージャーやSMAPがメリー副社長から敵視される中、
木村は妻の工藤静香さんを含めて家族ぐるみの付き合いをしていた。
  
そのきっかけが工藤静香だった。
  
工藤静香との結婚について当初はメリー副社長に反対されていたが、
飯島マネージャの仲介でなんとか結婚を許されると、
工藤静香はメリー副社長に気に入られようと取り入っていった。
  
その結果、
他のメンバーには内緒で定期的に食事したりする関係になったといわれる。
   
これについては、
昨年1月にメリー氏が飯島氏に「SMAPを連れて出て行け」と罵倒した時の
週刊文春のインタビューの中で触れられている。

「私、SMAPの誰とは言いませんけど、今でもお家へ遊びに行くし、
食事に行ったり、美味しいものがあったら届けていますよ」と…

ということは、
メリー副社長は、飯島マネージャや中居ら4人の動きを
木村拓哉&工藤静香を通じて掌握していたことになる。
   
木村拓哉(工藤静香)のしたたかなところは、
SMAP<存続>と
ジャニーズ事務所内での地位(幹部)を天秤にかけたところ

SMAP存続を考えていたというのなら、
最初から残留を表明し飯島氏と4人を説得するのが筋
   
しかし、
木村拓哉は態度を明確にしないまま静観し、
土壇場の12月という最悪のタイミングで独立話をひっくり返したのだ。

メリー副社長が突然気が変わり、
「絶対に独立なんてさせない」と言い出したのが、
飯島マネージャーが、
水面下でSMAP(木村拓哉)を紅白の司会にする動きをみせていた時期
  
一部では、
この件について木村拓哉がひとり反対していたと言われるが…
その裏に自らが残留する画策が既にあったのかもしれない。

 
芸能マスコミは、
『SMAP×SMAP』(瞬間最高視聴率37.2%)の緊急生放送を受け、
裏番組の『報道ステーション』や『NEWS ZERO』までも
SMAPの「解散回避、存続」を報じた。
連日一面のスポーツ紙も
「SMAP、5人で存続宣言」「キムタク前向きに」と…

木村拓哉がSMAP存続のためにメリー副社長氏と4人の仲介役として動いたと
あたかも救世主(ヒーロー)のように美談仕立てで報じたが、
実際は自身のイメージを守るため、
自分が捨てようとしたSMAPが必要であることが改めてわかったため。

ネット上の声は、
ジャニーズに支配されている大手マスコミとは対照的…

「あれは公開処刑、ジャニーズ事務所は恐ろしい」
「あんなの本当のSMAPじゃない」
「SMAPの葬式みたい」
「4人の表情が死んでる」

smap14

こんな木村拓哉を他のメンバーが許せる日が来るのだろうか?

SMAPがこういう状態になったのはすべて木村拓哉の責任であり、
謝罪すべきは木村拓哉のほうなのだ。

唯一5人が集まる『SMAP×SMAP』もメンバーが揃わない特番続き
たまに揃ったら揃ったでギクシャクした雰囲気が漂う
新曲や歌番組生出演、コンサートの話しは頓挫したまま進展せず

あの謝罪会見から半年経つが
現在に至るまで解決とはほど遠い状況が続いている。

5人が笑顔で言葉をかわすことはもうないのか?
SMAPはこのまま死んだままなのか?

google Sponsored Link

関連記事

SMAP情報


報酬20倍キャンペーン
仮想通貨の教科書
キーワード無双