中日・谷繁監督休養、解任へ…諸悪の根源である落合GMの責任は?

この記事は2分で読めます

◎仮想通貨の教科書を<無料>でGET!

google Sponsored Link

8/9
首位から16・5ゲーム差の最下位に沈む
中日ドラゴンズ・谷繁元信監督(45)が、
18時からのヤクルト戦を控えたナゴヤドームで緊急会見
シーズン途中での休養を表明した

同席した佐々木球団社長は
「休養をお願いしたところ、了承をいただいた」と説明
球団主導による事実上の解任劇なのは明らか

とはいえ、
諸悪の根源とされる落合GMの責任問題は?

それを問われた同社長は、
落ち着きなく足を揺すり、目に涙を浮かべながら
「どう言ったらいいのか、
GMだけではございませんが、時間とともに責任を追っていく」
と説明したが…
   
谷繁監督がGMの反対を押し切って一軍コーチにねじこんだ
佐伯貴弘1軍守備コーチ(46)も休養、
一方、
落合GMの懐刀
森繁和ヘッドコーチ(61)が監督代行を務めることを考えると、

全ての責任を谷繁監督に押し付けて、
来年は小笠原2軍監督あたりを上げて延命を図る可能性も
  
成績もそうだが
ファン離れもかなり深刻

地元ナゴヤドームは、
無料でユニフォームを配る日以外は、
消化試合?オープン戦?と見間違うばかりの閑古鳥
  
nagodo1
週末であろうが、
夏休みに入ろうが、
広島、阪神、巨人といった人気球団が相手だろうが、
満員になることはほぼ皆無
(レフトスタンドビジター応援席だけは満員)

観客数をいまだに水増し発表してるのは
古い体質らしい中日球団くらいなもの
1万数千人という数字ではメンツが立たないのか?
(来場してなくても年間シートを数に入れている?)
現実を受け入れないから成長がない。

地元ばかりか
関東地区での人気にも陰り
今年から横浜スタジアムのレフトスタンドの半分が、
ホーム応援席に変更されたが、
  
先日の横浜スタジアム3連戦では、
「YOKOHAMA STAR☆NIGHT」と重なり更に拡大
レフト外野席のポール際一角を除いて
ベイスターズブルーに席巻される屈辱
dragons01

いまや12球団一の不人気球団へ
 
落合GM(森繁和ヘッド)と
谷繁監督(佐伯守備コーチ)の対立構造が、
チーム低迷<ファン離れ>の遠因にもなっているが、
弱くても愛される球団はある。
 
子飼い選手やコーチの優遇から
「ファンサービスなんてどうでもいい。勝てばいいんだ」という
落合GMの球団支配をファンが呆れているというのが実情

いずれにしても、
白井オーナーの後ろ盾をかさに
落合一派で固めた球団を本当に変えたいなら
全て一掃するしかないが…
それを託す人物がいないのが何とも歯がゆい。
 
楽天副会長・星野仙一の復帰という待望論もあるが、
中日OB会(鈴木孝政会長)に頼るのが現実的
 
そろそろ
白井オーナーも目を覚ますのではないか?
ボケてなければだが…

google Sponsored Link

関連記事

google Sponsored Link

SMAP情報


楽天銀行
カンファレンスバナー

◎info-zeroで稼ぐ方法 
◎無料情報 
◎おすすめ倶楽部  _

人情PPCの極意
仮想通貨の教科書