ゴジラ松井秀喜もビックリ!星稜2人で7本塁打【22-0】で第100回甲子園へ

この記事は1分で読めます

◎仮想通貨の教科書を<無料>でGET!

google Sponsored Link

2018年7月25日
高校野球石川大会決勝(石川県立野球場)
『星稜VS金沢学院』に驚愕!
星稜が2年ぶり19回目の夏出場を決めたのだが…


まずは、
決勝戦にもかかわらず、
通常ならコールドとなる
22というスコア
先発全員28安打22得点

そして、
ゴジラ松井もビックリ!?
4番南保(なんぼ)良太郎内野手(3年)と
5番竹谷理央外野手(3年)による
アベック弾<2者連続本塁打>

竹谷理央外野手は、
1試合本塁打の大会新
(1試合チーム本塁打も大会新)

南保良太郎内野手の
今大会本塁打も大会新

又、
星稜高校の投手陣も
決勝で初先発した2年生エース
奥川恭伸投手が3安打完封したのだが、
今大会計7投手が登板し、
失点のまま優勝!

 
   
星稜高校といえば、
2014年の決勝戦で【0-8】から
9回裏に9点を取って奇跡のサヨナラで
夏の甲子園出場を決めたことが思い出されるが…
今回もビックリ!

[星稜高校]
1962年創立の私立校
夏の甲子園は1995年に準優勝
OB:松井秀喜、小松辰雄
   サッカーの本田圭佑等

google Sponsored Link

関連記事

【最新】無料オファー

SMAP情報


報酬20倍キャンペーン
仮想通貨の教科書
キーワード無双
レバリエイト2018