風疹(三日はしか)は女性・妊婦さん要注意!症状・予防と治療方法は?

この記事は2分で読めます

◎仮想通貨の教科書を<無料>でGET!

google Sponsored Link

2018年9月11日
国立感染症研究所の発表によると
今年に入ってからの累計患者数が、
362人
昨年1年間の約4倍という異常な高さ

特に、
7、8月から急増していて
直近1週間(8月27日~9月2日)で
75人が新たに感染した
その地域別内訳は、
東京28人(累計111人)
千葉11人(累計95人)
神奈川8人(累計33人)と
首都圏に集中している

風疹に対して、
知っておくべきこととは?

特に女性にとって
風疹は非常に危険な病気である
ことを理解しておきたい

風疹(三日はしか)とは?

風疹ウイルスによっておこる
急性の発疹性感染症
日本では三日はしかとしても知られている
流行時期は、
春から初夏にかけて多くみられる

風疹の症状は?

主な症状としては、
発疹発熱リンパ節の腫れ
(潜伏期間は2~3週間)

2000~5000人に一人の割合で
脳炎、血小板減少性紫斑病などの
合併症が発生することがあるので
侮れない病気です

又、
大人が風疹にかかると、
発熱や発疹の期間が子供より長く、
関節痛もひどいケースが多くみられる

一方、
風疹ウイルスに感染しても症状が出ないまま
免疫ができてしまう不顕性(ふけんせい)の
感染者が15~30%位いる
尚、
風疹は、
一度かかると二度とかからない病気である

風疹ウイルスは人にうつるので注意!

風疹はウイルス性の感染症ということで、
くしゃみや咳などの飛まつによって
他の人にうつります。
発疹症状のでる1週間前から
発疹症状が出た後の1週間くらいまで
感染力があるといわれているので注意が必要です

感染力は、
麻疹(はしか)や水痘(水ぼうそう)ほど強くない

風疹の治療方法とは?

風疹に対する有効な治療法はありません

よって、
高熱や関節痛には解熱鎮痛剤、
発疹やかゆみには抗ヒスタミン薬
といった具合に…
必要に応じた対処療法
(症状に対する治療)となります

風疹は三日はしかと呼ばれているように
症状が3~5日位で沈静化していく為、
自然治癒(自宅で安静)がほとんどです

風疹の予防方法は?

風疹の予防はワクチン接種が有効です

<麻疹と合わせたMRワクチン>は、
風疹よりも症状が重い麻疹の予防にもなる

ちなみに、
昭和37~54年生まれの男性と、
昭和54年~平成7年生まれの男女は、
予防接種が義務ではなかったことから、
感染者が多いと言われている

尚、
妊娠の可能性がある女性で、
過去に風疹にかかったことがない場合は、
予防接種によって免疫を獲得しておくことが
とても大事なことです

妙齢の女性や妊婦さんは要注意!

妊娠初期の女性が感染すると…
生後の赤ちゃんが
難聴や心疾患などになるおそれがある。
よって、
妊婦さんはもちろんだが、
その家族や職場の同僚も
ワクチン接種によって
感染を事前に防ぐ必要がある

一番危険なのは…
できちゃったケース
流行する春先から夏は特に危険

風疹になったことがなく、
予防接種も受けてない
子供が生める女性は、
今すぐワクチン接種を!

google Sponsored Link

関連記事

【最新】無料オファー

SMAP情報


報酬20倍キャンペーン
仮想通貨の教科書
キーワード無双
レバリエイト2018