2年連続トリプル3の山田哲人大不振の影に元AKB48大島優子!?

この記事は1分で読めます

◎仮想通貨の教科書を<無料>でGET!

google Sponsored Link

昨年、
2年連続トリプルスリーを達成するなど
球界を代表する若手スラッガー
山田哲人(東京ヤクルト)だが、
3年連続トリプルスリーに赤信号
   
交流戦が終了
セ・リーグの個人打撃成績
打率上位30位までに
山田哲人(東京ヤクルト)の名前はない

春先から不調が続き
得意とする交流戦でそろそろ
爆発するのではないかと思われていたが…

2014年…打率.378(4本塁打15打点)※首位打者
2015年…打率.309(5本塁打13打点)
2016年…打率.313(8本塁打21打点)
 ↓
2017年…打率.136(3本塁打9打点)

規定打席以上の66人中の65位と
一層の大不振が続いた
    
過去4年、
山田の交流戦終了時点での成績は以下の通り

2014年…打率.330、10HR、40打点、7盗塁
2015年…打率.298、11HR、32打点、12盗塁
2016年…打率.325、23HR、55打点、17盗塁
 ↓
2017年…打率.213、8HR、29打点、9盗塁
     
ちなみに、
山田の成績下降は
実は昨年の8月頃から続いている

昨年、
8月の打率.271
9月の打率.176
  
今年、
4月の打率.191
5月の打率.269
6月の打率.155といった具合


今年は、
筒香嘉智、中田翔など
WBC組の不調が伝えられたが、
ここまで尾を引いているのは山田くらい
  
別の原因があるのではないか?
  
フィジカル面か、技術面で
何らかの問題が生じている可能性もある

yamada2

夜遊びが原因!?
   
『フライデー』では
美女たちとの合コンも掲載されるなど
モテモテ

一時期は、
女優の川口春奈さんとの交際疑惑も…
  
2016年には、
ひとまわり年上の
熊切あさ美との“お泊り愛”が発覚し
ワイドショーでも大きく扱われたが…

yamada1

ここにきて噂になっているのが
元AKBの大島優子との交際

2017/06/4放送
『ウチくる!?』に出演した
芸能リポーターの井上公造が、
スポーツ選手Yさん”と
“元・国民的アイドルの女性”が熱愛関係にあると
発言している
   
TV番組で「大島優子さんがタイプ」と公言したのを
きっかけにということか?

だとしたら
大不振の原因は大島優子!?
 
akb487

google Sponsored Link

関連記事

google Sponsored Link

SMAP情報


楽天銀行
カンファレンスバナー

◎info-zeroで稼ぐ方法 
◎無料情報 
◎おすすめ倶楽部  _

人情PPCの極意
仮想通貨の教科書