貴乃花親方引退は苦渋の決断!日本相撲協会退職の理由とは?所属力士等は千賀ノ浦部屋へ

この記事は1分で読めます

◎仮想通貨の教科書を<無料>でGET!

google Sponsored Link


2018年9月25日
公益財団法人大相撲の
貴乃花親方が、
日本相撲協会に退職届を提出し、
この日記者会見を行った

24日には
貴乃花応援会”のサイトに
千秋楽迎え、貴乃花部屋を支えて下さる皆様へ
とのタイトルで
「皆様長らく貴乃花を応援してくださり
ありがとうございました。
厚く御礼申し上げるとともに、
弟子たちを今後、末永く応援賜りますように
何卒宜しくお願い申し上げます」と
コメントを掲載していた

貴乃花親方は、
「本日、公益財団法人日本相撲協会に対し、
年寄を退職させていただく旨の退職届及び
貴乃花部屋に所属する弟子、床山、世話人全員について
所属先を変更させていただきたい旨の
変更願いを提出いたしました」としていた。

記者会見で貴乃花親方は、
退職<年寄引退>の理由については…

相撲協会は7月の協会理事会で、
「一門帰属」
全ての親方は5つある一門
(出羽海、二所ノ関、高砂、時津風、伊勢ケ浜)の
いずれかに所属することを決定!
貴乃花親方は唯一所属先が決まらず、
この状態が続けば厳罰が下される可能性があった

このような行き場を失った状況の中

例の暴行事件<告発状>について
日本相撲協会から
「事実無根を認めろ!」という圧力に対して
信念を貫いた結果の苦渋の決断、
断腸の思いだったことが明らかになった

貴乃花部屋に所属する
弟子、床山、世話人全員が移籍する
千賀ノ浦部屋とは?

千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)は、
1995年に現役を引退後、
貴乃花部屋の前身の二子山部屋、
貴乃花部屋の部屋付親方として、
2016年には、
元関脇・舛田山の千賀ノ浦と
名跡を交換し千賀ノ浦部屋を引き継ぎ
長らく貴乃花親方を支えてきた


google Sponsored Link

関連記事

SMAP情報


仮想通貨の教科書
キーワード無双