アマンダノックス現在画像ペルージャ英国人留学生殺害事件 真相犯人は?

この記事は2分で読めます

2007年11月
イタリアのペルージャにある
共同住宅の一室で、
イギリス人女子留学生
メレディス・カーチャー(当時21歳)の遺体が発見された
『ペルージャ英国人留学生殺害事件』

2019年7月10日
『ワールド極限ミステリー』
美女大生惨殺事件で嵐の逆転裁判!を放送

美人で話題になったアマンダ・ノックスが犯人!?

殺害容疑で逮捕されたのは、
被害者のルームメイト
アメリカ出身の美人留学生
アマンダ・ノックス(20)と
その恋人のイタリア人
ラファエル・ソレシト

容疑者のアマンダノックスが美しかった為、
<天使>とはやしたてたり、
冷酷な<悪魔>としたり、
スキャンダラスな報道が過熱化していった

セックスやドラッグ
アマンダは勿論、
被害者のプライベート情報までが
ネット上に拡散していった…

そして、
裁判は二転三転
世界中が注目することになった事件は
両国の外交問題にまで発展することに…

その驚きの大逆転裁判の結末とは?

二転三転の末アマンダ・ノックスは無実<冤罪>

アマンダノックスと、
恋人のラファエル・ソレシトは、
警察の取り調に対し、
何度も供述内容を変えた理由について
事件のあった夜、
二人で一緒に大麻を吸っていた為、
記憶が曖昧になっていたと証言した。

2009年1月の第一審は、
アマンダノックスに禁固26年、
ラファエル・ソレシトに禁固25年の実刑判決

2012年10月の第二審では、
DNA鑑定をやり直した結果、
DNAそのものが微量で
正確な鑑定ができないとの判断によって、
証拠不十分とし2人に逆転無罪判決!

しかし2年後
2014年1月、
無罪判決が破棄され、
アマンダノックスが禁錮28年6カ月、
ラファエル・ソレシトが禁錮25年の実刑判決

2015年3月27日の最高裁では
捜査に誤りがあったとして、
アマンダノックスと
ラファエル・ソレシトに再び無罪判決

結局、
最終的に2人は無罪
この事件の真相は冤罪ということになった

ペルージャ英国人留学生殺害事件の真犯人は?

先に罪を認めて
禁固16年の有罪判決で服役中の
薬の密売人
ルディ・グエデの単独犯行だったのか?
それとも
別の真犯人がいるのか?

検察も、裁判所も
それまでの審理の中で
複数犯の可能性が高いことを指摘していたが…

英ガーディアン紙は、
イタリアのマフィアの一員で、
現在収監中の男が
「犯人は弟。複数で強盗に入り騒いだので…」と
“告白”したことを伝えたが、
真相<真偽>は闇の中?

アマンダ・ノックスの現在

2014年差し戻し審判で
再び禁固28年の有罪判決を受け上訴中に
服役中に手紙を受け取ったことが縁で
交際していた
ロックミュージシャンの
コリン・サザーランドと婚約
(中学時代の同級生)

2015年
アマンダ・ノックスは、
逆転無罪を勝ち取った後、
故郷の米国シアトルに帰国
当然のように、
テレビ、ラジオ等のメディアに引っぱりだこ

事件の経緯を綴った手記も出版
(契約金は3億円超!?)
その執筆活動を認めたワシントン大学は、
彼女に学位を授与している

更に、
冤罪をなくすための活動も行っているという

この事件をモチーフにした映画も

『天使が消えた街』では、
一連の事件を異なる視点で興味を抱いた
ウィンターボトム監督が、
ふたりの若い女性を主人公に
事実と妄想を幻想的に交錯させて描いた
サスペンス・スリラーになっている。

google Sponsored Link

関連記事



【最新】無料オファー

SMAP情報