大谷翔平MLBホームランダービー本命!ルール変更も追い風…放送予定

この記事は2分で読めます

2021年
7月12日
(日本時間13日)に行われる
メジャーリーグの
オールスターゲーム前日に行われる
メジャーリーグ最強打者8人で争う
ホームランダービー
<優勝賞金100万$>

7月9日現在、
ホームランキング独走!
両リーグ最多32本塁打の
大谷翔平(27)が、
日本人として初出場する

◆大谷翔平がライバル不在でホームランキング最有力

本塁打争いをする
ゲレーロJrをはじめ
実力者の出場回避により
優勝の可能性はかなり高い

注目の1回戦の相手は、
ナショナルズの
フアン・ソト外野手(22)
2018年に19歳でメジャーデビュー
2019年には自己最多の34本塁打
シーズンが短縮された
2020年は打率3割5分1厘で首位打者
2021年は現在11本塁打

決勝であたる可能性が高いのは、
レンジャーズの大砲
ジョーイ・ギャロ外野手(27)
2017年から2年連続40本塁打超
2021年も5試合連続含む23本塁打

2021ホームランダービー優勝オッズ

アメリカのスポーツブック
ドラフトキングスのオッズも
大谷翔平が1番人気
<5倍>もつくなら
かなりおいしい!?

1位…大谷翔平    5.0
2位…ジョイ・ギャロ 5.5
3位…アロンソ    6.25
4位…オルソン    6.8
5位…ペレス     8.0
6位…ファン・ソト  8.5
7位…ストーリー   9.0
8位…マンシーニ  11.0
※7/9現在
※米スポーツブック<ドラフトキング>

ホームランダービー【ルール変更】2021

出場選手の負担を減らす為、
1ラウンドの制限時間はこれまでの4分から
1回戦と準決勝は分、
決勝は分に短縮される
更に、
各ラウンド終了後に
1分間の休憩を挟み、
30秒のボーナスタイムが与えられる
尚、
各ラウンドにおいて
45秒間のタイムを使うことができる

※両者同本数の場合は
60秒間のタイブレーカー

ちなみに、
ピッチャーは、
出場選手が自由に選べるが、
大谷翔平が指名したのは、
エンゼルスのブルペン捕手で
普段から大谷翔平の
バッティングピッチャーを務めている
ジェイソン・ブラウン氏(46)
キャッチャーは、
大谷翔平の通訳を務める”
相棒”
水原一平氏(36)

◆高地のクアーズフィールドが舞台で特大ホームランが出る

今年の舞台は、
デンバー
高地(1600m)にある為
ボールが飛ぶことで有名な
クアーズ・フィールド
(ロッキーズの本拠地)

収容人数は5万398人
球場の広さは…
レフト105.8m
センター126.5m
ライト106.7m

公式戦では、
打球飛距離を他球場と同レベルに抑える為
保湿装置に保管された公式球が使用されるが、
今回は通常管理のボールが使用される

475フィート(約145メートル)以上の
本塁打を1本打てばさらに30秒の
ボーナスタイムが加算されるとあって
今季最長飛距離470フィートを誇る

大谷翔平にとって有利になりそうだ

◆2021ホームランダービー放送予定

日本時間7月13日(火)
午前9時5分~11時30分
NHK総合テレビで
異例の生放送が決まった

NHK-BSでは連日のように
大谷翔平の試合を中継しているが、

地上波で
MLBの
ホームランダービーが
生中継されるのは
史上初めて

【ゲスト】林修
【解 説】小早川毅彦

google Sponsored Link

関連記事




Dreamer's Journey FESTIVAL 2021

【最新】無料オファー

SMAP情報