木村拓哉(キムタク)月9『HERO』の続編で背水の陣!?

この記事は2分で読めます

◎仮想通貨の教科書を<無料>でGET!

google Sponsored Link

今夏クールのドラマ最大の注目は、
木村拓哉主演の月9『HERO』(7月スタート!)

視聴率男もここ数年は明らかに落ち目…
2010年から昨年まで4年連続で平均視聴率20%割れ

最近では、
「キムタクだから見ない」といった風潮さえ漂う…

特に、
前作の『安堂ロイド』は明らかな失敗作で、
あわや10%を割る寸前までいったことで
視聴率男としてのキムタクの終焉を決定的にした。

そこでいよいよ、
<続編はやらない>という主義を曲げざろうえなかった!?

過去の主演ドラマの中で、
平均最高視聴率を取った『HERO』は最後の砦
木村拓哉にとってまさに背水の陣といえるだろう。

13年ぶりの”復活”が首尾よく”復権”となるかいなか…

<木村拓哉 主演 連ドラ(平均)視聴率BEST17>
  1位…34.3%『HERO』(2001/1-)フジ
  2位…32.3%『ビューティフルライフ』(2000/1-)TBS
  3位…30.8%『ラブジェネレーション』(1997/10-)フジ
  4位…30.6%『GOOD LUCK!!』(2003/1-)TBS
  5位…29.6%『ロングバケーション』(1996/4-)フジ
  6位…25.2%『プライド』(2004/1-)フジ
  6位…25.2%『眠れる森』(1998/10-)フジ
  8位…24.4%『華麗なる一族』(2007/1-)TBS
  9位…22.6%『空から降る一億の星』(2002/4-)フジ
  9位…22.6%『エンジン』(2005/4-)フジ
 11位…22.1%『CHANGE』(2008/5-)フジ
 12位…20.5%『MR.BRAIN』(2009/5-)TBS
 13位…18.2%『ギフト』(1997/4-)フジ
 14位…18.0%『南極大陸』(2011/10-)TBS
 15位…17.7%『PRICELESS』(2012/10-)フジ
 16位…16.8%『月の恋人』(2010/5-)フジ
 17位…12.8%『安堂ロイド』(2013/10-)TBS

制作にあたり、
かつての共演者が集まらないといった噂もチラホラ

相手役の女優も松たか子から北川景子へ
阿部寛、大塚寧々といったところも姿を消した。

相手役の女優も松たか子から北川景子へ
阿部寛、大塚寧々も姿を消した。

新たに加わるのが、
北川景子以外では杉本哲平、松重豊、濱田岳

キムタクのギャラが1話300万円以上とも伝えられる中、
今や数字を取れる男になった感のある阿部ちゃんなんかは、
あえて”脇”として出る必要性を感じないだろう。

google Sponsored Link

関連記事

【最新】無料オファー

SMAP情報


報酬20倍キャンペーン
仮想通貨の教科書
キーワード無双
レバリエイト2018