木下雄介投手死去!コロナワクチンとの因果関係は?種類は?何回目?

この記事は2分で読めます

2021年8月6日
中日ドラゴンズは、
木下雄介投手(27)が
8月3日に死去していたことを発表
加藤宏幸球団代表は、
これまで発表を控えていたのは、
家族の意向とした

7月28日
デイリー新潮の電子版が、
木下雄介投手が、
危険な状態であることを
スクープしたことで
球界(ファン)を中心に
心配する声が上がっていた

木下雄介投手は、
6月28日
コロナワクチン<米モデルナ製>を
中日新聞の職域接種(任意)で
1回目を受けていた…

その8日後の
7月6日
ナゴヤ球場で練習
トレーニング合間の休憩中に
突然意識を失った
心肺停止状態だった為、
トレーナーがAEDで処置し
救急搬送された
最初に心臓周辺に問題が発生し、
その影響が脳に及び、
人工呼吸器も外せない状態だった

これは、
ワクチンの副反応なのか?
稀に起きる副反応として
血栓症があるが…

アストラゼネカ社のワクチンは、
血栓症が脳の静脈に生じて
脳静脈洞の血栓症を起こした場合、
脳出血も同時に起きやすくなることが
報告されていると
厚生労働省のQ&Aに掲載されている


それにしても
育成1位から這い上がった
苦労人に対して
どこまで試練を与えるのか?
という声があがったのが
3月23日のオープン戦
投球後に右肩を脱臼するという
衝撃のシーンが…


与田剛監督は当時、
「ああいう大けがを防げなかった
という申し訳なさがある。
でも、我々も木下も前を向くしかない。
1日でも早くマウンドに立てる日を目指して
チーム全体でサポートしたい」
と語っていた。
オープン戦6試合で無失点
日本球界に復帰した田中将大投手からも
直接アドバイスをもらう等
本人もヤル気十分だった


与田監督も
「もうひとつの勝ちパターンの最有力の男」
と語ったように
今季の飛躍をファンも楽しみにしていた中の
悲劇だったが、
その先に取り返しがつかない
最悪の事態が待ってようとは…
無念としかいいようがない


コロナワクチンとの
因果関係はわからないとはいえ
急ごしらえのワクチンはやはり怖い
そもそも
海外に比べて
コロナの死者が少なかった日本人に
海外仕様のワクチンは大丈夫なのか?

報道が規制されているが、
コロナより
ワクチン接種後に死んでる人
(1000人弱?)が多い現実
<因果関係はわからない>では
済まないという世論に傾きつつある

木下投手の場合は、
トミージョン手術(痛み止め薬等)と
コロナワクチンの相性も気になる…
いずれにしても
しっかりと解明して欲しいところ

今はただただ
木下雄介投手のご冥福をお祈りします

google Sponsored Link

関連記事




Dreamer's Journey FESTIVAL 2021

【最新】無料オファー

SMAP情報