根尾昴が地元・中日ドラゴンズの星へ!与田新監督引いた【2018ドラフト】

この記事は2分で読めます

◎仮想通貨の教科書を<無料>でGET!

google Sponsored Link

2018年10月25日
プロ野球ドラフト会議 
~supported by リポビタンD~

6、7球団の競合も予想された今回の目玉
大阪桐蔭高の根尾昂(18)は、
中日、巨人、ヤクルト、日本ハムが
1順目で指名

4球団競合による抽選により
交渉権を獲得したのは…
中日ドラゴンズ

与田剛新監督(52)が強運を発揮し
当たりクジを引き当てた

たりクジは上から3番目

クジ引きの順番は…

中日・与田剛新監督
日本ハム・木田GM補佐
読売・原辰徳新監督
ヤクルト・小川淳司監督

中日・与田剛新監督は、
下から2番目を引いたように見えた
「良し!引いた!」
という予感がした

NPBは読売が引く可能性が、
(上から順番に取れば)
多少でも高くなる3番目に当たりを置く
という気がしていたから…

その後のインタビューで
中日・与田剛新監督自ら
「上から3番目を引いた」と公言した
<やっぱりな>

根尾昴は地元ドラゴンズの星

根尾昴は、
ドラゴンズの地元圏内
岐阜県飛騨市出身で
小学6年生の時に球団の公式ジュニアチーム
ドラゴンズジュニア」に選出され
ドラゴンズのユニフォームを着ている

チーム情勢からは…

弱い投手陣(特に抑え)をはじめ、
捕手、控え外野手も手薄の中

荒木が引退したとはいえ
京田がレギュラーの遊撃手を取るのは?
京田をセカンドに回せば、
高橋周平がサードへ
福田が溢れることに

層が厚くなったとみれば悪くはないが…

[2019年予想オーダー]
1番8大島
2番6根尾
3番9平田
4番3ビシエド
5番7アルモンテ
6番4高橋
7番5福田
8番2松井

そんな事情は関係なく
人気回復の起爆剤に
地元出身のスーパースターが、
どうしても欲しかったというのが
本当のところだろう

それでも

今回のドラフトは、
2位で即戦力の呼び声が高かった
東洋大の梅津晃大投手(22)を獲れたのは
ラッキーだったし、
12球団を見渡しても
1番良かったのではないか…

■2018年中日ドラフト指名選手
1位 根尾 昂 内野手(大阪桐蔭高)
2位 梅津晃大 投手(東洋大)
3位 勝野昌慶 投手(三菱重工名古屋)
4位 石橋康太 捕手(関東一高)
5位 垣越建伸 投手(山梨学院高)
6位 滝野 要 外野手(大阪商業大)

google Sponsored Link

関連記事

SMAP情報


報酬20倍キャンペーン
仮想通貨の教科書
キーワード無双