NHK受信料制度に合憲判決!未契約なら”抜け道(回避)”も従来通り!?

この記事は1分で読めます

◎仮想通貨の教科書を<無料>でGET!

google Sponsored Link

2017年12月6日
NHK受信料制度は<合憲>

テレビがあるのに受信契約を拒んだ男性に、
NHKが受信料を請求できるか?
が争われた訴訟の上告審判決
最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は、
「契約の自由」などを保障した憲法に違反する
とした男性側の主張を退け、
「表現の自由を実現するという
 放送法の趣旨にかなうもので合憲」
との初判断を示した。
双方の上告を棄却し2審の東京高裁判決が確定!
   
900万件以上とされる未契約世帯への
徴収業務に大きな影響を与えることになるのか?

ほぼNHK側の主張が認められたわけだが、
契約の成立時期については、
NHKの主張(一定期間で自動成立)を退け、
NHKが未契約者を相手に裁判を起こし、
勝訴が確定した時点とした

一部の裁判では、
契約書を交わさずとも受信契約成立!
という恐ろしい判決が出ていたので一安心
 
これによって未契約者は、
NHK側が裁判を起こさない限り、
今まで通り「払わない」で通ってしまうことに…

NHKが無闇に
裁判を起こすことは難しい

費用面もさることながら
 
裁判を起こす際の根本的な問題として
<テレビを設置しているか?>
請求金額にしても
<いつから設置しているか?>
ということを証明する必要があるからだ
 
NHK集金人が家宅に入って
テレビの設置を確認することはできないので
NHKが裁判を起こすには、
正式な手順を踏んで捜査機関が家庭内に入り込み
テレビがある事を証明しなければならない

更に、
何時から設置してるかとなると…

   
これはあくまでも、
「テレビを設置していない」とする前提の話
    
一方、
「テレビはあるけど契約はしない」
というのは通用しなくなる可能性があるので注意!
(設置時期はみなしで裁判を起こされる)
   
NHKは、
「引き続き、受信料制度の意義を丁寧に説明し、
公平負担の徹底に努めていく」としたが…

予想されるのが、
「今契約すれば過去の請求分は水に流す」
という謳い文句で契約を迫ること

NHKも過去分まで証明して請求することまでは
考えていないのではないか?
   
nhk001

google Sponsored Link

関連記事

【最新】無料オファー

SMAP情報


報酬20倍キャンペーン
仮想通貨の教科書
キーワード無双
レバリエイト2018