癌などあらゆる病気を超早期発見できるミルテル(血液遺伝子)検査とは?

この記事は1分で読めます

◎仮想通貨の教科書を<無料>でGET!

google Sponsored Link

糖尿病になると、
ガン発症率が約1.2倍
認知症発生率に至っては約2倍という数字がある

広島病院で
世界の医療に衝撃を与える研究が…

それは、
ガンや認知症など
ありとあらゆる病気を超早期発見できるという最新検査
わずか採血5ccで可能だという

ミルテル検査(血液遺伝子検査)とは?
 
「疾患予防」するテロメアテストと
「疾患リスクの早期予測」をするミアテストの2種類がある

テロメアテスト(未病リスク検査)は、
細胞の中にある染色体(DNA)から
遺伝子レベルで体の状態がチェックすることで、
生活習慣病を未然に防ぐなど様々な可能性を秘めている
未病の状態を検査して、
病気にならないように適切に予防を行う。
未病の状態は、
テロメア疲労度とテロメア強度を同時に測定して行う

一方、
ミアテスト(疾病の早期予測検査)は、
血液中を泳いでいる3000以上ともいわれる
「(ガン細胞が出している)マイクロRNA」という分子を検査
疾患になると、
病気特有のマイクロRNAの量が増減するので
この変動を検査することで、
がんやアルツハイマーの疾患超早期予測する
   
現在では、
早期発見が難しいとされる膵臓ガンや、
乳ガン、アルツハイマー病の超早期発見が実用化されている
  
mirtel3
株式会社ミルテルは、
広島大学発のベンチャー企業として平成24年9月に創設
2013年9月にミルテル検査センター開設
生活習慣を改善するきっかけを作る「未病検査」と
「疾患の早期発見」を組み合わせたミルテル検査の業務を行っている

google Sponsored Link

関連記事

google Sponsored Link

SMAP情報


楽天銀行
カンファレンスバナー

◎info-zeroで稼ぐ方法 
◎無料情報 
◎おすすめ倶楽部  _

人情PPCの極意
仮想通貨の教科書